×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

kawasakiZ2にもいろいろな型式があるその形式の見分け方を紹介します
kawasakiZ2 750RS ZU の写真
kawasakiZ2(ZU)750RS
Z2A(ZUA)750RS
Z2B(ZUB)750RS
Z750A4 Z750FOUR
Z750A5 Z750 FOUR
Z750D1 Z750 FOUR
Z750D2 Z750 FOUR

kawasakiz2中古価格の推移
kawasakiZ2とは(ゼッツー)

kawasakiZ2の定義を打ち立ててみよう。丸タンクに俗に言うZ2テール、四本マフラーに丸いカムカバーを装備した、国内仕様746ccZエンジン(Z2E型エンジン)のマシンをZ2と呼んでいる。

こう難しく定義しなけれぱならない理由は、良くも悪くも、その長期に渡って作られたエンジンである。1973年3月発売の750RS(Z2)から、1980年8月のZ750FX(Z750D3)の絶版まで、Zシリーズを支えたZ2Eエンジンを使用したモデルバリエーションの全てをZ2と呼んではきりが無い。Z2Eを搭載するからといって、全体に直線基調のデザインになり、ホイールもキャストになって、ポイント点火からフルトランジスタ点火に変更されたZ750FXを、Z2と呼ぶには抵抗がある。

 とはいえ、一つのエンジンをベースに、これだけのバリエーション及びモデルチェンジを繰り返し、それでいてしっかりとした評価を受けているシリーズも珍しい。当時のZのライバル、CB750FOURもそのSOHCエンジンをもってマイナーチェンジを繰り返したが、Z1及びZ1000系を含めたZシリーズの物量、そして名車の誉れにはかなわない。

 Z1系の900〜1000ccマシンに関して言うなら、外形的には、Z1とZ2、Z1AとZ2A前期、Z1BとZ2A後期、Z900とZ750A4〜A5、Z贋とZ750A5〜D1、Z1000MK2とZ750FXがそれぞれ相当する。また、ZI系はバリエーションも豊富で、直線的なデザインのZ1−R、Z1ベースのアメリカンモデルのZ900LTD及びZIクラシック、Z1ベースの白バイのZ1ポリス及びZ900ポリス/Z1000ポリス。電子制卸燃料噴射装置付きのZ1000H、そしてシャフトドライブのZ1000STとそれぞれ好評をもって海外を席捲したのだった。

 Z2シリーズがあればこそ、そしてZ2のデータをもとに、z650 (ザッパー)やz750FXU〜V/z750GP/GPZ750Fの738ccシリーズが完成し、最終的にターボ付きの750ターボ、または豪華高性能アメリカンのZ750スペクター、そして現行のゼファー750へとつながった。他社の空冷DOHC4気筒軍団(CB750Fや刀など)の出現もZ2あればこそ。

 とにかく、Z2をベースに発展し、Z2のスタイリングを残したマシンを、Z2シリーズと呼んでさしつかえあるまい。Z2からD1までのどれを選んでも、Z2に乗るというライダー永遠の誇りとなるだろう。


初期型Z2はここが違う 見分け方(最初期型)
kawasakiz2


Z2Aの違い 見分け方
kawasakiz2


Z2Bの違い 見分け方
kawasakiz2


Z750A4の違い 見分け方
kawasakiz2


Z750A5の違い 見分け方
kawasakiz2


Z750D1の違い 見分け方
kawasakiz2

Z750D2の違い 見分け方
kawasakiz2


kawasakiz2中古価格の推移


更新履歴


月1ペースでホームページを追加していきます。みなさん楽しみにしていて下さい!